面接の合否はみためで9割決まっている!!

面接はみためが9割! 事実です

新卒の就活でも転職活動でも、服装にはそれなりに気をつけていると思いますが、事実かなり重要です。

面接という短い時間の中で判断しなければならないので、見た目も含めた総合評価を行います。人間はどうしても視覚による判断に頼ってしまいがちなため、判断におけるウェイトはかなり大きく、見た目で与えたマイナス評価が覆ることは、ほぼないと思ってください。

特に第一印象は見た目で決まるため、悪ければマイナス評価から面接が始まり、良ければプラス評価から面接が始まります。

当然、面接内容も変わってきます。好感の持てる人への質問と、嫌悪感を抱く人への質問は同じになるわけありません。(質問内容は変わりませんが、聞き方とか言い回しという点で)

だからこそ、面接に限らず、就職活動で企業を訪問する場合は、マイナスな印象を与えない、好感を持ってもらえる見た目(服装や髪形)にしましょう。

スポンサーリンク

好感の持たれる見た目

見た目が良いというのは、容姿が可愛いとか美人だったりとか、イケメンだったりととか言うことではありません。

容姿については、個人の主観でしかないので、どうでもいいです。いいに越したことはないですが、変えようのないものを気にしても、どうしようもありません。

一番大切なことは、清潔感きちっと感です。

見た目を良くする服装

服装は基本的にスーツですが、企業によってはオフィスカジュアルの場合があります。

スーツの場合

スーツ選びのポイントは、サイズと色です。

形は基本的な形を選んでください。3ピースやダブルスーツは避けましょう。

サイズ

スーツのサイズは大きすぎても、小さすぎても良くありません。

大きすぎるとだらしなく見えますし、パッツパツだと面接中気になってしょうがないです。

ジャストフィットを目指しましょう。既製品だとなかなか、サイズ感が合わない人は、セミオーダースーツがお勧めです。

最近では、麻布テーラー等、比較的安いセレクトショップがありますので、1,2着は作っておくことをお勧めします。就活以外でも大事な会議だったりで、役に立ちます。

ネットショップでもサイズ保証がついていたりで、上手に使えば高品質のスーツを割安で購入できます。
【ジャストフィットのオーダースーツ(上下)が初回限定19,800円!

オーダースーツがすべて29800円 -ジャストサイズ保証、日本人クオリティ

スーツ

濃紺がお勧めです。

ブルー系の為、清潔感が強調されます。あまり明るすぎると、チャラさが出てしまうので、濃いめの紺が無難になります。

それ以外の選択肢は、ダークグレーです。

夏であれば、明るい紺やグレーもありです。他の人と差をつけたい人は挑戦してもいいと思います。

テッカテカの素材は避けてください。少しマッドな色合いが良いです。

シャツ

無地の白シャツを選びましょう。

柄物はどうしても、チャラく見えます。面接において、チャラさは減点にしかなりませんので、白シャツで清潔感とピュアさを演出しましょう。

黒の革靴が一番無難です。

茶系でも大丈夫です。汚いのはダメです。

しっかり磨いて望みましょう。

ネクタイ

ネクタイに特徴的な柄があると面接のときに面接官が気になります。面接官によっては、弄ってくれる場合があり、好感度アップにつながる可能性はありますが、スベるリスクが高くお勧めしません。

青系のストライプが無難です。

ここでも、清潔感のある青を主体とします。30代以上の方は、赤主体でもGoodです。

オフィスカジュアルの場合

基本はスーツを同じです。

大切なことは、清潔感です。サイズ感はジャストサイズにして、色はネイビーを取り入れてください。

何を着ればいいかということですが、基本は

  • シャツ
  • ジャケット
  • スラックス
  • 革靴

です。あまり深く考えないことです。サイズ感があっていれば、きちんとして見えます。

色は青(紺)をいれつつ、落ち着いた色合いにすれば間違いありません。

無難が一番です。高いものである必要はなく、ユニクロで充分です。

見た目を良く見せる髪形

男性は以下のポイントを押さえてください。

  • 色は黒
  • 前髪は目にかからない
  • 耳は出す
  • 整髪料のテカリはほどほど
  • 襟足は短く
  • 髭はそる

きちっと感が出ればOKです。そこまで難しく考えず、無難をせめてください。

保険の営業マンとかを想像するといいと思います。

女性の場合は

  • 色は明るすぎない
  • 前髪は目にかからない
  • 肩より長い場合は結ぶ
  • 盛らない
  • 巻きすぎない

基本的な考え方は男性と一緒です。清潔感ときちっと感です。

あくまでも無難に徹してください。

見た目を決めるのは何より体型

体型は最も重要だと考えています。とにかく太りすぎていないことです。

太りすぎている場合、何を着てもだらしなく見えますし、そもそも太るのは自制心が欠落しているからだと判断されます。

厳しいことを言うようですが、太っている人は太る理由があります。それは、働くうえで有益なものではありません。

また、これまでの人生経験から太っている人はろくな人がいない確率が極めて高いです。

全てとは言いませんが、確実にマイナスの印象を与えてしまいます。

誰から見ても明らかに肥満の方や、太りすぎによって着る服に困っているような人は、転職活動や就職活動の前に痩せてください。

痩せなきゃ就職できないと思ってください。

(あくまでも極端に太っている人のことを言っています)

ダイエットには以下の記事が訳に立ちますので、参考にしてみてください。

完全無欠コーヒーを3ヶ月飲み続けた結果。ダイエット成功!?
「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」で紹介されている完全無欠コーヒーを3ヶ月間飲み続けた結果、体重と体脂肪を落とすことができました。 朝...

お金があるのだったら、トレーナーをつけることをお勧めします。自制心がないので、自分では無理でしょう。結果にコミットしてくれるでしょう。
ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。

見た目を整える準備は企業研究と並行して進めよう

これらの準備は会社選びや企業研究と並行して進めていきましょう。転職サイトに登録してからでも遅くありません。

スーツ選びはすでに持っているのであれば、それを使えばいいし、買い物は1日で済みます。

髪も面接の前日前までに美容室に行けばいいです。行きつけの美容室に相談してもいいし、専門で行っている美容室もあります。

先ずは、行きつけの美容室に就活を始めようと考えた時点で、「就活の時ってどんな髪型にすればいいですか?」と聞いてみてください。まともな回答が返ってくれば、お願いすればいいし、「ダイジョブか?」と不安に感じれば、別の店を探しましょう。

時間がかかるのは、ダイエットです。必要な人はそう多くないと思いますが、良い職場を手に入れるために頑張りましょう。

ダイエットに成功すれば、意外にも転職する必要がなくなるかもしれません。

健全な精神は健全な肉体に宿るものですから。

 

コメント